プログラマーのこと

Recursion(リカージョン)で現役エンジニアがプログラミングを学んでみた

リカージョン(recursion)で現役エンジニアがプログラミングを学んでみた

「Recursion(リカージョン)ってどうなの?」

「Recursion(リカージョン)でプログラミングを学ぼうか迷っている」

「プログラミングを勉強したいけど何から始めて良いかわからない」


今回はこのような疑問にお応えします。

この記事の内容
  • Recursion(リカージョン)で現役エンジニアがプログラミングを学んでみた感想
  • Recursion(リカージョン)とは?その特徴・評判
  • Recursion(リカージョン)で学ぶメリット・デメリット
  • Recursion(リカージョン)でプログラミングを学ぶべき人はこんな人!


本題に入る前に、この記事を書いている僕の自己紹介を簡単にさせていただきます。

僕は、未経験から独学でエンジニアになりました。なので初心者目線にも寄り添った、現場目線の解説が出来ると思います。

初心者の気持ちもわかりつつ、現役エンジニアの立場からの話をするので参考にしてもらえると嬉しいです。


近頃はいろんなプログラミング学習サービスがあって、どれをやったら良いか分かりませんよね。

僕も同じでした。

本を買ったり、プログラミングに関するYouTubeを見たり、プロゲートをやったり、って言う感じでいろいろ試しましたね。



今回は、数あるプログラミング学習サービスの中から「Recursion(リカージョン)」というプログラミング学習プラットフォームを紹介。



未経験から独学でエンジニアになった僕の視点から、「Recursion(リカージョン)」というサービスについて初心者に分かりやすく解説していきます。

もくじ

Recursion(リカージョン)で現役エンジニアがプログラミングを学んでみた感想

Recursionで現役エンジニアがプログラミングを学んでみた感想
※Recursion(リカージョン)から引用

結論から言うと、かなり本格的に学ぶことができます。



なぜなら、プログラミング以外のことも学習できるからです。



コンピュータサイエンスを学べるプログラミング学習サービスって珍しいですよね。



そして当然ながら、他のプログラミング学習サービスと同じようにプログラミング言語の学習も可能

現役エンジニアの僕の感想ですが、コンピュータサイエンスの基礎は意外と実務でも活きます。例えば、「浮動小数点」などは実務では確実に必要な知識。Recursionはアウトプットもしっかりできるため、基礎から身に付いている感覚がありました。


なので繰り返しになりますが、Recursion(リカージョン)ではかなり本格的にプログラミングが学べます。

Recursion(リカージョン)ってどんなサービスなの??

Recursionは「世界で通用するエンジニア」を理念とした、コンピュータサイエンスをアウトプットによって学習できるプラットフォームです。


※Recursion公式サイトから


もう少し言うと、コンピュータサイエンスからプログラミング言語まで、アウトプット重視で学ぶことができるプラットフォームです。



Recursion(リカージョン)は自力でソフトウェア開発もできたり、チーム開発もできるため、より実践的なアウトプットが可能。

Recursion(リカージョン)画面


さらに、初心者でもコンピューターサイエンスの基礎から学ぶことができるのも魅力。

無料版と有料版(月額61ドル(約7000円)のサブスク型)があります。

実際に僕が感じたRecursionの5つの特徴

実際に僕が感じたリカージョンの5つの特徴

実際に僕が使ってみて感じたRecursionの5つの特徴について解説していきます。

  1. 実務に必須な基礎も学べる
  2. 自分の生活スタイルに合わせて進められる
  3. 質問したら教えて貰える環境
  4. 練習問題が多いため身に付きやすい
  5. カリキュラムはFacebookの現役エンジニアが作成


1つずつ順番に解説していきます。

Recursionの特徴① 実務に必須な基礎も学べる


Recursionはプログラミング言語だけではなく、コンピュータサイエンスなどの実務に必須な基礎知識から学ぶことができます。



初心者にも分かりやすいカリキュラムなので、割とサクサク頭に入るはず。



プログラミング言語を学習できるサービスはたくさんあるけど、ITの基礎から本格的に学べるサービスはなかなかありませんよね。

Recursionの特徴② 自分の生活スタイルに合わせて進められる


プログラミングスクールよりも、Recursionのようなプログラミング学習プラットフォームの方が自分のペースで学ぶことができます。



しかし「自分のペースで学べる」というのはメリットにもデメリットになる可能性もあるので要注意。

自分に厳しく、計画的に学習ができる人には良いかもしれませんが、自分の意思に自信のない人にとってはデメリットになりかねません。


しかし、自発的に学習をするには少しコツがあります。



そのコツは「期限を決めること」。



例えば、「今年の○月までには転職する」とか「○月までにwebサービスを完成させる」とかですね。



こんな感じで期限を決め、その期限から逆算して学習していくと良いです。

Recursionの特徴③ 質問したら教えて貰える環境


プログラミングスクールでは質問したら教えてもらえますが、大抵のプログラミング学習プラットフォームは誰も教えてくれません。



そのため、学習の途中でつまづいたときに挫折しやすいんですよね。そしてこれは間違いなく、プログラミングの独学が挫折しやすい原因の1つ。

しかしRecursionは、有料ユーザーが利用できるコミュニティを持っていて、そこでは質問し放題。


Discordというチャットアプリに登録する必要はありますが、いつでも気軽に質問できるため挫折しにくい構造になっています。

Recursion特徴④ 練習問題が多いため身に付きやすい


Recursionはアウトプット重視の学習ができるような構成になっています。



多くのプログラミング学習サービスはインプットが中心。しかし、実際のエンジニアの仕事内容はアウトプットが中心なんですよね。

もちろんインプットも大切ですが、現場ではアウトプットをしないと仕事が進まないよね。


なので、プログラミング学習では積極的にアウトプットするようにしましょう。

Recursionの特徴⑤ カリキュラムはFacebookの現役エンジニアが作成


Recursionのカリキュラムは現役のFacebookエンジニアが監修し作成されたようです。



世界的にも有名なサービスのエンジニアが監修しているという点はかなり信頼できますよね。


「プログラミングには実務経験が大切」とよく言われます。実際にRecursionを使ってみて思いましたが、実務経験に近い学習ができる理由の1つに、「監修者がFacebookエンジニア」というのもあるのかもしれませんね。

少なくとも、どんな実力なのかもわからない人が作成したプログラミング教材よりは安心感があるよね。

Recursionの評判は?悪評も探してみた

今回は、TwitterでRecursionの口コミを探してみました。良い評判も悪い評判も紹介していきます。

Recursionの良い評判

ITの基礎から学べると感じている人は多そうですね。

アウトプットは学習を定着させる上では大切です。

Recursionでは確かな実力が定着すると考える人が多いようです。
やはりコンピュータの基礎は大切だという意見が多そうですね。
確かに、基礎さえわかればあとは自分で学んでいけます。

Recursionの悪い評判


すみません、頑張って悪い評判も探したんですが見つかりませんでした。。。


「難しい」みたいな意見ならあったので念のため紹介します。

悪い評判は見つかりませんでしたが、「難しい」、「難しそう」という意見はチラホラ見つけました。

Recursionでプログラミングを学ぶ3つのメリット

リカージョンでプログラミングを学ぶ3つのメリット

僕が思うRecursionでプログラミングを学ぶメリットは以下の3つです。

  1. プログラミング以外のことも学べる
  2. 自分の好きな時間に好きな場所で学べる
  3. 無料コースがあるので自分に合うか確かめてみることができる


1つずつ解説していきます。

Recursionで学ぶメリット① プログラミング以外のことも学べる


Recursionでは、プログラミング以外にも、数学やコンピュータサイエンスなど、ITの基礎的な部分から学ぶことができます。



そのため、実務で使える知識をより深く学ぶことができるんです。

実際に僕はエンジニアとして働いていますが、知らない内容も多々ありました。


僕は独学時代にプログラミングを中心に(というかプログラミングだけ、、、笑)学んでいたため、実務で苦労することも多かったんですよね。



特にコンピュータサイエンスの基礎的なことはわからないし、それに伴い専門用語の横文字もわからない。。。その結果上司の説明がほぼ理解できない状態でした。泣



なのでITの基礎を学べるのは大きなメリットと言えます。

リカージョンで学ぶメリット② 自分の好きな時間好きな場所で学べる


通学タイプのプログラミングスクールでは、決められた時間にスクールへ通わないといけませんし、オンライン型でも、期限が決められていることがほとんど。



それに比べ、Recursionはネット環境とパソコンさえあれば、自分の好きな時間に、好きな場所で学習することができます。




また、サブスク型の学習スタイルなので、1ヵ月ごとに学習を継続するかをその都度決めることも可能。

例えば、「来月仕事が忙しそうだからRecursionはお休みしよう」とか「料金を節約するために3か月間で集中してRecursionを終わらせよう」といった使い方もできます。

このように、学習スタイルを自分の好きなように選べるところもRecursionで学ぶメリットと言えます。



しかしあくまで「独学」の範囲。継続して学習する意思が必要です。



しかし、独学で学べる環境の中ではかなり恵まれたサービス内容なので、自分の意思さえ強ければ非常に多くの知識をつけることができるでしょう。

Recursionで学ぶメリット③ 無料コースがあるので自分に合うか確かめてみることができる


無料部分だけでも学ぶことが可能。Recursionは無料で学習できるコースが2つあります。

  1. コンピュータサイエンスの基礎初級コース
  2. HTMLとCSS


2つだけでもかなりのボリュームで、学習時間の目安は45時間にもなります。
正直言ってこれだけでは、実務レベルになるには厳しいと思いますが、Recursionが自分に合うかどうか確かめるには十分ですよね。

Recursionをやって感じた3つのデメリット

Recursionをやって感じた3つのデメリット

Recursionをやってみて僕が感じたデメリットは以下の3つ。

  1. 初心者には抵抗がある
  2. プログラミングだけを学びたい人には△
  3. 部分的な学習がしにくい


1つずつ解説していきます。

Recursionで感じたデメリット① 初心者には抵抗がある


Recursionで僕が感じたのは、「多分初心者は入りにくいだろうな」というのが正直なところ。



実際にやってみれば初心者でも全然学ぶことはできるのですが、難しそうに見えるため、やる前に諦めてしまう初心者の方が多そうです。



でも、ここで実際に無料枠だけでもやってみるかどうかの行動力の差は大きいですよね。



とりあえずやってみたら見た目以上に難しくないので、試した者勝ちです。

Recursionで感じたデメリット② プログラミングだけを学びたい人には△


プログラミングだけを学びたい人には、それ以外のカリキュラムが豊富すぎて微妙かもしれません。



もちろんプログラミングも十分に学ぶことはできます。



しかし、僕の個人的な意見としては、とりあえず手軽にプログラミングを試してみたいという人はProgateなどのサービスの方が手軽にできそうな感じはしました。



しかし、実務を見据えるならRecursionの豊富なカリキュラムはやはりおすすめです。

Recursionで感じたデメリット③ 部分的な学習がしにくい


部分的な学習、つまり「学習のつまみ食い」がしにくいんですよね。個人的にはここが最もネックな点。

例えば僕は、業務で使うLaravelを学ぼうかと思ったのですが、ロックがかかっていてすぐにはできませんでした。


ロックを外すためには「アンロック条件」というところに書いてあるカリキュラムをクリアしなければならないんですよね。



そのため、「コレだけを重点的に学びたい」という人には向いていません。



しかし、アンロック条件になっているカリキュラムを終えてコンピュータサイエンスの基礎が身についていると、基礎部分の復習になるだけでなく、意外と知らなかったこともあるかもしれませんね。

Recursionでプログラミングを学ぶべき人の特徴3選

リカージョンでプログラミングを学ぶべき人の特徴3選

僕が思うに、Recursionでプログラミングを学ぶべき人の特徴は以下の3つです。

  1. ITの基礎から学びたい人
  2. 業務レベルになりたい人
  3. 自分のペースで進めたい人


順番に解説していきます。

Recursionで学ぶべき人① ITの基礎から学びたい人

RecursionではITの基礎中の基礎から学ぶことができます。



例えば、数学から始まって、コンピュータサイエンス、プログラミング言語、アプリ開発の流れまで学ぶことが可能。



なので、プログラミング言語だけではなく、ITの基礎からより実践的な知識をつけたい人にRecursionはおすすめです。

Recursionで学ぶべき人② 業務レベルになりたい人


Recursionは、実際の業務のレベルにかなり近いです。



コンピュータサイエンスプロジェクトのコースやチーム開発に参加することで、アプリケーションの開発を学ぶことができるからです。

Recursionユーザーが実際に開発したというアプリが紹介されていました。

Recursionユーザーが実際に開発したアプリ
※Recursionユーザーが実際に開発したというアプリの画面


他のプログラミング学習サービスなどは「プログラミング学習」が主なんですよね。

しかし実際に仕事としてプログラマーをやってみると、プログラミングは「業務のごく一部」でしかありません。


他にも必要な知識はたくさんあるんですよね。そしてITの基礎から実際のアプリ開発まで学べるのがRecursion。



なので、できる限り独学でプログラマーを目指したい人はRecursionは向いてると考えられます。

Recursionで学ぶべき人③ 自分のペースで進めたい人


プログラミングスクールでの学習は、時間や場所、学習する期間を限定されてしまうこともありますが、Recursionは好きな時間に好きな場所で学習することが可能。

例えば、日中は仕事が忙しいので朝早く起きて学習したり、仕事の合間にカフェで学習したり、学生の方なら夏休みの間だけ集中して学習したり、といった感じで、自分のペースで進めることができます。


すべてオンライン上で完結できるので、自宅にいながらチーム開発にも参加することができるし、プログラミングスクールに通う時間が取れない人や、近くにスクールがない人にもおすすめ。



なので、繰り返しになりますが、自分のペースで学びたいひとにもRecursionはおすすめできます。

Recursionでプログラミングを学ぶのは割と良い

Recursionでプログラミングを学ぶのは割と良い

実際に使ってみた個人的な見解としては、Recursionでプログラミングを学ぶのは割とおすすめです。



なぜなら、プログラミングスクールに入らない手軽さと、学習の効果を両立できるから。



「プログラミングスクールに入るのは金銭的にも精神的にもハードルが高いから、独学で学びたい。でも、学習の質は落としたくない」というわがままも実現可能ですね。

ただ、繰り返しになりますが、自分のペースで行うため自己管理能力が重要になってきます。


自分に厳しくできる人にとっては良いサービスであることは間違いありません。

【まとめ】無料もあるのでとりあえずやってみよう

正直、迷うくらいならやってみた方が良いです。



なぜなら無料枠があるからです。無料で試せるのにやる前から迷う理由はありませんよね。

例えば、スーパーでおいしそうなウインナーがあるとします。目の前に試食があったとしたら、迷う人はいませんよね。それと同じこと。


なので、無料で試せる物は試した方が良いです。



プログラミングスキルを身につけて本気で稼ぎたいのであれば、即行動力を大切にしましょう。

僕が主に使った転職サイト
関連記事