公務員のこと

公務員がオワコンと言われる3つの理由。仕事がなくなる心配は不要です

公務員がオワコンと言われる3つの理由。仕事がなくなる心配は不要です

「現役公務員だけど、公務員ってオワコンなの?」


「公務員になりたいと思っているけど、オワコンと聞いて不安」


今回は、このような内容について解説します。

この記事の内容
  • 公務員がオワコンと言われる3つの理由
  • 公務員は本当にオワコンなのか
  • 僕が公務員を辞めた5つの理由
  • 現役公務員や公務員を目指す人が将来のためにすべきこと


本題に入る前に、軽く僕の自己紹介をさせてください。

この記事を書いている僕は、消防士を6年で辞めました。消防士といっても、地方の消防士。
出動以外は事務仕事が多く、給料の基準も行政と同じでした。

なので、他の公務員の人とほぼ同じ悩みを持っていました。


公務員はオワコンと言われる今の時代、公務員を続けていることが不安になってきますよね。

私もそうでした。



確かに公務員は、何もしなければ結構オワコンかもしれません。

実際に僕も、結構考えた上で公務員を辞めたので、公務員をおすすめはしません。



しかし、公務員でもオワコンにならないような対策はできます。



しっかりとやるべきことをやっていれば、公務員のままでもゆとりのある生活は全然可能です。

今回は、公務員がオワコンと言われる理由と、オワコンにならないためにやるべきことを解説していきます。

公務員がオワコンと言われる3つ理由

公務員がオワコンと言われる3つ理由

なぜ、「公務員はオワコン」と言われているのでしょうか?

それには3つの理由があります。

  1. 人口減少による税収の減少
  2. 汎用的なスキルが身につかないから
  3. 機械でできる仕事ばかりだから


1つずつ解説していきます。

理由① 人口減少による税収の減少


日本の人口が減少傾向にあるのは、これを読んでくれているあなたもご存知のはず。

そして、人口が減少すると、税収が減少しますよね。



なので、税金から給料をもらっている公務員は、収入が減るのは自然な流れ。

現に、公務員の退職金は減少傾向にあります。

地方公務員(都道府県)の定年退職金の平均

(引用元:マネービバ

10年間で、約600万円も減っているという事実。。。

これはさすがに無視できないでしょう。


さらに、公務員の転職希望者も増加してるみたいです。

僕も転職した1人です。

理由② 汎用的なスキルが身につかないから


公務員は汎用的なスキルは身につきません。



僕は、プログラマーになったのですが、スキルがつくと心に余裕が生まれます

「いつでも転職できる」とか「稼げる自分にレベルアップしてる」という気持ちの余裕は、公務員時代にはありませんでした。


おそらくこれを読んでるあなたも、公務員を辞めるのは怖いと思います。

それは、スキルがなく、今より良い条件で転職できるかわからないからですよね。



しかも、公務員でも定年後も働く時代。その時に苦労するかもしれません。

しかし、スキルは公務員をやりながらでもつけることは可能

とはいえ、実務でスキルをつけられないのは非効率なのは間違いありませんね。

理由③ 機械でできる仕事ばかりだから


最近は「AIに仕事を奪われる」というのをよく耳にしますよね。



これに関しては、公務員だけじゃないと思います。

他のほとんどの仕事にも言えることですよね。



もちろん、公務員の仕事も、機械が得意な仕事の一種であることは間違いありません

しかし、現役の公務員をクビにするということは考えにくいです。

どちらかと言えば、新規採用を減らしていくのが自然ですよね。


なので、AIが発達しても、今の公務員がクビになるという心配は不要だと思います。

でも、単純につまらないですよね。。。



以上の3つが公務員がオワコンと言われる理由です。

心配する必要のあるものもあれば、心配不要なものもあるね。

公務員は本当にオワコンなのか

公務員は本当にオワコンなのか

「安定」に甘えなければオワコンではないと思います。



理由はシンプルで、公務員の仕事は、重要度は高いからです。

逆に言えば、民間に任せられないほど重要度の高い仕事内容だからこそ、民営化されず公務員にされているのです。

考えてみてください。
消防、自衛隊、警察はもちろん、市役所の戸籍の管理とか、民間に任せられますか?

ちょっと不安ですよね。


他にも公務員の仕事にはたくさんの種類がありますが、どれも国民の生命、身体及び財産に直結する重要度の高い仕事です。



なので、公務員の仕事自体がオワコン化することは考えにくいです。


公務員は将来、リストラされるんじゃないか心配な方は、こちらも読んでみてください。

>>【公務員の将来性】リストラの心配は不要な理由を元地方公務員が解説

安定だから安心というわけではない


しかし、安定しているからといって、安心とは限りません。



公務員でも、定年退職後も働かないと生活していけない時代。もちろん、定年前に、人間関係で辞める人もたくさんいます。



なので、安定に甘んじると、公務員はオワコンと言われる理由に当てはまってしまいます。

詳しくはこちらで解説しています。
>>公務員は安定だけど安心できない3つの理由!元公務員が徹底解説


「でも、具体的にどうすれば良いの?」という疑問には、後ほど解説します。

僕が公務員を辞めた5つの理由

僕が公務員を辞めた5つの理由

僕が公務員を辞めた理由は5つほどあります。

  1. 給料が低い
  2. 定年退職後の不安があった
  3. 組織に縛られすぎている
  4. 家族との時間をもっと増やしたかった
  5. 上司のようになりたくなかった


特に、公務員を続ける限り、「自由に」かつ「大きな額」を稼ぐことはできません。

僕は「自由な時間を増やしながらお金を稼ぎ、家族とゆっくり暮らしたい」という思いがありました。



公務員ではまず不可能ですよね。

これらについては、こちらの記事で全て書いてあるので読んでみてください。
>>僕が消防士を辞めた5つの理由と後悔しない秘訣

現役公務員や公務員を目指す人へ。スキル習得もしよう

現役公務員や公務員を目指す人へ。スキル習得もしよう

現在公務員の人も、これから公務員になろうとしてる人も、スキル習得はした方が良いです。



理由は、公務員でも定年後も働かなきゃならない&途中で辞める時にスキルがないときついからです。

公務員でも定年後は働く人がほとんどです。

しかも、人間関係などの理由で、定年前に退職する人もいます。


こんな時に、公務員が仕事探しに困るのはスキルがないのが原因

なので、やはりスキルはつけましょう。



もちろん、僕のおすすめするスキルはプログラミングです。

公務員がプログラミングを身につけた方が良い理由は、こちらで詳しく解説しています。
>>公務員がプログラミングを学ぶべき3つの理由を元公務員エンジニアが解説



実際に、プログラミングスキルがあれば、高い収入で安定しやすいです。

安定が理由で公務員になったなら、プログラミングができた方が人生は安定しますよ。


今の時代、無料でプログラミングが学べるので、とりあえずやってみるのもアリかもです。

こちらで詳しく解説してます。
>>無料でエンジニアになれるスクール3選

【結論】公務員はオワコンではないが、おすすめはしない

公務員はオワコンではないけど、個人的にはおすすめできません。



おすすめできるなら、僕も公務員辞めてないです。

公務員をおすすめしない理由はこちらに詳しく書いてあります。


でも、公務員をやりながらでも、今の時代に乗り遅れないように生きる方法もたくさんあります。

迷ったらとりあえず、スキル習得だけはしておきましょう!保険にもなりますよ。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

あなたの強みを無料診断
関連記事