公務員のこと

公務員をおすすめしない5つの理由を元公務員が実体験から徹底解説

「公務員になりたいけど、実際どうなの?」

「公務員を辞めようか迷ってる」

「公務員と民間の違いは?」


今回はこんな疑問に答えます。

この記事の内容
  • 公務員をおすすめしない5つ理由
  • 公務員と民間企業の違い
  • 公務員が向いている人はこんな人!


この記事を書いている僕の、自己紹介を簡単にさせてください。

僕は6年間、地方公務員(消防士)として働いていました。

消防士といっても、出動以外は他の地方公務員をほぼ同じ環境だったので、消防士だけでなく、他の公務員の方にも参考にしてもらえれば嬉しいです。


「公務員になっとけば安定だし、とりあえず公務員になろう」という考えで公務員になる人は結構多いと思います。

過去の僕も同じ理由で公務員になったよ。


でも、公務員は安定と聞いて、何も考えずに公務員になると後悔する可能性も。



また「公務員を辞めようか迷っている」という人も、迷った後に何もしないとほぼ確実に後悔します。というか、ほとんどの公務員は転職を迷うだけで、何も行動しません。



逆に、行動さえすれば人生は大きく変わる可能性があります。



公務員時代には考えられなかったような収入を得たり、時間的にも自由な生活を手に入れることができるかもしれません。少なくとも僕は収入的にも時間的にも自由になりました。



今回は、公務員をおすすめしない5つの理由と、民間企業と公務員の違いについて実体験をもとに解説していきます。

公務員をおすすめしない5つの理由

公務員をおすすめしない5つの理由

僕は、元公務員ですが、基本的に安定を求めて公務員になるのはおすすめしません。(もちろんやりがいを求めて公務員になるのは素晴らしいと思います。)

公務員をおすすめしない理由は次の5つです。

  1. 収入が低い
  2. スキルが身につかない
  3. 仕事内容がつまらない
  4. 働き方は、わりとブラック
  5. 安定はしてるが、安心はできない


1つずつ解説していきます。

公務員をおすすめしない理由① 収入が低い


「公務員は安定」というのは割と本当です。

しかし、実際は字の如く「まる」という感じ。



実際、僕は未経験でプログラマーに転職しましたが、入社半年くらいで公務員時代の収入に追いつきました。



もちろん、公務員よりも収入の低い職業はありますが、厳しい公務員試験を突破できるほどの人なら、民間ならもっと稼げるんじゃないかなって思います。



そもそも、「公務員試験に合格するということは、少なくとも平均以上の学力」なのに、給料が平均くらいということに僕は違和感を感じます。



なので、矛盾しているようですが、公務員試験に受かるような優秀な人には、公務員はおすすめしません。

平均以上の能力あるはずなのに、もったいないよね。

公務員をおすすめしない理由② スキルが身につかない


公務員は、汎用的なスキルが身につきません。



「基本的に公務員は他の会社で使える能力が身につかない」というのも、公務員をおすすめしない理由の1つ。



スキルがないとどうなると思いますか?

年齢を重ねるほど、転職するのが難しくなるんです。



でも、「公務員だから転職できなくても大丈夫」と思いますよね。



しかし、公務員でも人間関係や職場環境の悪化などで辞めざるを得ないという状況になるかもしれません。



それだけでなく、今は公務員でも定年後に働く時代です。

僕が公務員だったときの上司は、退職後の職探しに苦労してる人も少なくなかったよ。


定年後に就職できても、かなり収入が下がる人ばかり。

やはりそれは、他で働けるスキルがないことが理由ですよね。



例えば、僕はプログラマーになりましたが、プログラミングスキルがあれば「いつでも転職できるし独立も可能」という状態になれます。



気持ちの余裕が違いますよね。

なので、まずは、公務員をやりながらスキルを身につけるのもおすすめです。

こちらに詳しく書いてあります。
>>公務員がプログラミングを学ぶべき3つの理由

公務員をおすすめしない理由③ 仕事内容がつまらない


もちろんこれは人によりますが、ほとんどの公務員は今の仕事を楽しいと思える人は少ないんじゃないでしょうか。少なくとも僕の記事に辿りついた人は公務員でいることに対して何かしらの不満や疑問があるはず。



僕は消防士だったので、やりがいや楽しさを感じることがありましたが、それでも同じ仕事の繰り返しです。



当然、目標を追いながら稼げるスキルも身に付く民間のほうが楽しそうに働いている人は多いですよね。



営業職で業績を上げて収入アップを狙ったり、技術職でスキルをつけて独立を目指したり。



実際、僕は転職してから、自分の技術が上がっていくことの楽しさに感動したのを今でも覚えています。

今は、どんどん自分がレベルアップしてる感じが楽しいよ!

公務員をおすすめしない理由④ 働き方は、結構ブラック


公務員って、意外とブラック企業みたいな働き方ですよね。

例えば、僕は消防士だったのですが、公休や非番の日に「自主訓練という名の反強制的な訓練」があったり、若い職員は上司の機嫌に左右されたり、もちろんパワハラもありました。


市役所に勤めている友人や、教員をやってる友人に聞いても、「サービス残業なんて当たり前」とか「1年間で、丸1日休めたのは5日だけだった」とか言ってるくらい。

結構ブラックですよね。



スキルがなく、転職しにくい公務員だからこそ、長く続ければ続けるほどブラックな組織から抜け出せなくなるため、おすすめとは言えません。

公務員をおすすめしない理由⑤ 安定はしてるが、安心はできない


公務員は安定しているけど、安心はできません。



それはやはり、収入も低く、副業もできず、転職も難しいからですね。



安定しているが故に、安心した気持ちになってしまう公務員も多いですが、僕はずっとぼんやりとした不安がありました。

こちらで詳しく解説しています。
>>公務員は安定だけど安心できない3つの理由


以上5つの理由から、やはり公務員はおすすめできません。

僕が公務員を辞めて良かったと思う理由については、こちら。
>>【実体験】公務員を辞めて良かったと思う3つの理由

公務員と民間企業の違いを実体験から解説

公務員と民間企業の違い

僕の実体験から感じたことを解説していきます!

公務員と民間企業の違いは主に以下の3つ。

  1. 民間企業はスキルを身につけられる
  2. 民間企業は頑張れば収入が上がる
  3. 民間企業は「縛られている感」がない


1つずつ解説していきます。
※ただし、僕の体験談から書いているため、民間企業でも当てはまらないことも当然あります。

公務員と民間の違い① 民間企業はスキルが身に付く


民間企業の業種にもよりますが、ほとんどの会社ではスキルが身に付きます。



つまり、そのスキルを使って転職や独立という選択肢も出てくるのです。

もちろん、需要の高いスキルもあれば、需要の低いスキルもあります。



僕は、プログラミングは需要の高いスキルだということを知って、プログラマーになりました。

他にも、営業職の経験なども、重宝されるスキルの1つだよね。

公務員と民間の違い② 民間企業は頑張れば収入が上がる


何より大きな違いはコレですよね。

公務員はどんなに頑張っても給料が決まっています。



年功序列なので、規定以上に給料が上がることはないのです。

しかし、民間企業は能力や頑張りに応じて収入が上がる可能性は大いにあります。



なので、公務員よりも民間の方が、仕事のモチベーションが上がるのは当然ですよね。

公務員と民間の違い③ 民間企業は「縛られている感」がない


僕は公務員時代に「縛られている感」をすごく感じていました。



「公務員らしく」とか、「上司にプライベートで遭遇しないように」とか、神経を使うことが多い毎日でした。

しかし今は、かなり自由な生活で、もちろんストレスも減ってます。

今考えると公務員時代は、休みの日の服装まで上司に指導されることもあったので、すごく窮屈でした。

もちろん公務員はデメリットばかりではありません。

公務員のメリットとデメリットはこちらにまとめてあります。
>>公務員のメリットとデメリットを5つの視点から徹底解説

公務員に向いている人の3つの特徴

公務員が向いている人はこんな人!


ここまで、「公務員はとにかくおすすめしない」と言ってきましたが、当然、全員に対しておすすめしないわけではありません。
僕が公務員に向いていると思う人の特徴は以下の3つ。

  1. 必要最低限の収入で満足できる人
  2. 仕事はそれなりで、プライベートを楽しみたい人
  3. 真面目にコツコツできるが冒険はしたくない人

公務員に向いている人の特徴① 必要最低限の収入で満足できる人


「とにかく必要以上の収入はいらないし、決められた仕事だけをやっていたい」という人は、公務員向きです。



自分から工夫をして仕事をすること自体に楽しさを感じない人もいますよね。



そんな人はむしろ、利益を追う民間の方がストレスを感じてしまうかもしれません。

公務員に向いている人の特徴② 仕事はそれなりで、プライベートを楽しみたい人

公務員は休暇制度、福利厚生は充実しています。

さらに、お客さんと関わることもほぼないですよね。



仕事に生きがいを求めず、とにかく趣味やプライベートにお金と時間をかけたい人は公務員はおすすめです。

しかしこれは、よく考えてみたら民間企業でも、業種によっては可能です。


僕は消防士だったため、休みの日も仕事に行かなければならない日もありました。



今はプログラマーになって、公務員時代よりも休みは充実しています。

公務員に向いている人の特徴③ 真面目にコツコツできるが冒険はしたくない人


真面目で優秀、でもリスクをできる限り取りたくない人にも公務員はおすすめです。


「決められた道をひたすら進むことができるが、自分で道を作っていくのはめんどくさい。」


そんな人には公務員という職業はかなりおすすめです。


ちなみに、公務員に向いていない人の特徴についてもこちらで解説しています。

【まとめ】転職するのは当たり前の時代


今回は、僕が公務員をおすすめしない理由と、民間との違いについて実体験をもとに解説しました。



おそらく、現在公務員をやっている人の多くは「転職は怖い」とか「1つの仕事をずっと続けた方が世間体が良い」と思っているかもしれません。



しかし、実際はそんなことはありません。

今は、転職は当たり前の時代。

理由は、インターネットの普及もあり、現代は働き方が多様化しているからです。

例えば、Youtubeの普及により動画編集の需要も高まり、ネットニュースの普及によりwebライターという仕事もあります。もちろんプログラミングもです。


このように仕事の種類が多様化している時代は、「個人でも稼ぎやすい時代」とも言えます。



そんな時代に何もスキルを付けずに働き続けるのはもったいないですよね。



なので、スキルをつけるための転職なら怖がる必要はないと思います。

むしろ、スキルがあった方が、人生は安定するよね。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

未経験に強い転職サイト
関連記事