プログラマーのこと

就職に強いプログラミングスクールランキング5選!現役エンジニアが徹底解説

「独学じゃなくてプログラミングスクールから就職するメリットは?」

「プログラミングスクールから就職ってほんとにできる?」

「本気で就職するならどのプログラミングスクールがおすすめ?」

今回はこんな疑問に答えていきます。



「詳しいことは後で良いからとにかくおすすめがしたいんだ!」という方は下のボックスをご覧ください。

先におすすめのプログラミングスクールが知りたい方はこちらから!


【第1位】TechAcademy [テックアカデミー]
「プログラミングスクール受講者数No.1
転職保証プランもあって、現役のエンジニアにチャットや電話で転職はもちろんフリーランスについての相談が可能。

【第2位】DMM WEBCAMP
転職保証もあり、ほとんどの受講生が途中で挫折することなく転職に成功。なんと、専門技術コースは、第四次産業革命スキル習得講座に認定されているため信頼度も高いです。

【第3位】CodeCampGATE
スタートアップ企業へ転職したい人に特におすすめ。国家資格キャリアコンサルタントによるキャリアサポートが受けられるのもメリット。

【第4位】Tech Boost
受けられるコース、カリキュラムが豊富。目指す働き方が豊富なのが特徴。転職はもちろん、フリーランス、副業を目指す方にもおすすめ。

【第5位】アイデミープレミアム
AIに特化して学びたい人にはおすすめのスクール。これからの時代に需要の高いAIの技術を学ぶことができます。

プログラミングスクールってなんだかんだ言って、結構高額なので、失敗したくないですよね。


スクール選びに失敗すると、お金や時間を無駄にしてしまう可能性もあるので要注意です。


逆に、スクール選びにうまくいけば転職もスムーズに行く確率もUPするため、稼げるプログラマーになるための道をより早く切り拓けますよね!

この記事の内容
  • 就職に強いおすすめのプログラミングスクールを5つ紹介
  • 独学ではなくプログラミングスクールから就職する3つのメリット
  • プログラミングスクールに通うとホントに就職できるのか


この記事を書いている私は、実際に未経験からプログラマーに転職しました。

なので、この記事を読んでくれてるみなさんの気持ちがめちゃくちゃ分かります。



正直言うと私自身、プログラミングスクールから就職した訳ではないです。でも、スクールについてはめちゃくちゃ調べたし、今実際にエンジニアに転職し、現役エンジニア側としてもいろんなプログラミングスクールの噂や情報も入ってきます。



未経験から就職する側と現役プログラマー側の両サイドからの視点から徹底的に解説していきます。

消防士から未経験でプログラマーになった僕が解説するよ!

就職に強いおすすめのプログラミングスクールを5つ紹介

それでは、就職に強いおすすめのプログラミングスクールを5つ紹介していきます。



ランキング形式になっていますが、基本的にはどれもおすすめ。全て無料説明会などがあるので、興味あるプログラミングスクールの無料説明を聞いてから選ぶのもありです。

【第1位】TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy(テックアカデミー)
コース内容多数コースあり(コース診断もあり)
価格174,900円〜
期間4週間〜
オンライン受講
転職支援転職保証あり


最も有名なプログラミングスクールですね。プログラミングスクールで受講者数がNo.1というのも信頼できるポイント。



転職保証プランもあって、現役のエンジニアにチャットや電話で転職はもちろんフリーランスについての相談しながら学習を進められます。

【第2位】DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP
コース内容12週間コース
16週間コース
価格624,800円(税込)
期間12週間〜
オンライン受講
転職支援転職保証あり


転職保証もあり、ほとんどの受講生が途中で挫折することなく転職に成功。



なんと、専門技術コースは、第四次産業革命スキル習得講座に認定されているため信頼度も高いですね。



さらに、条件を満たせば最大70%OFFで受講可能。満足できない場合の全額返金保証もあるので安心です。

【第3位】CodeCamp GATE

CodeCamp GATE
コース内容転職を考える人向けのCodeCamp GATE以外にも学ぶだけのコースもあり
価格495,000円(税込)+入学金33,000円(税込)
期間4ヶ月
オンライン受講
転職支援自己分析、履歴書・職務経歴書の作成、面接対策あり。
エンジニアの専属メンターが推薦状を作成


スタートアップ企業へ転職したい人に特におすすめ。



国家資格キャリアコンサルタントによるキャリアサポートが受けられるのも大きなメリットです。



無料カウンセリング申込で10,000円割引になるので、話を聞いてみる価値はあります。

【第4位】tech boost

tech boost
コース内容スタンダートコース
ブーストコース
言語多数
価格入学金 ¥126,500(税込)
月額 ¥32,780/月〜(税込)
期間3ヶ月〜
オンライン受講
転職支援運営会社であるBranding Engineerはエンジニアに特化したキャリアサービスを展開。もちろん利用は無料


受けられるコース、カリキュラムが豊富。目指す働き方が豊富なのが特徴。



運営会社であるBranding Engineerはエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているため、無料で手厚いキャリア支援が受けられます。



転職はもちろん、フリーランス、副業を目指す方にもおすすめ。

【第5位】アイデミープレミアム

アイデミープレミアム
コース内容AI活用の目的に応じてPythonのコースが全8講座あり
価格¥327,800〜(税込)
期間3ヶ月〜
オンライン受講
転職支援オンラインメンタリングでの就職支援あり


AIに特化して学びたい人にはおすすめのスクール。



「Python」というAIによく使われる言語のに特化したプログラミングスクールです。



これからの時代に需要が確実に高まっていくAIの技術を学ぶことが可能。

【番外編】僕がおすすめしたいコスパ抜群のプログラミング学習教材

【番外編】僕がおすすめしたいコスパ抜群のプログラミング学習教材

僕が個人的におすすめしたいものがあります!
それが、Skill Hacksです。



理由は、コスパが良く、サポートも充実していることに加えて、LINE@で有名な実業家である迫さんに質問し放題だからです。しかも、就職サポート付コースもあり。




ちなみ料金は、

  • 転職サポートなしコース 69,800円(税込)
  • 転職サポート付きコース 79,800円(税込)

です。



これは買い切り価格で、LINEでの質問無制限なのでかなりのコスパですね。



しかし、デメリットもあります。


それは他のプログラミングスクールのように指導者が教えてくれるという形ではなく、自分で動画を見ながら学習をしていくスタイルということ。



なので「自分で続けられる自信もないし、手取り足取り教えて欲しい」という方は、他のプログラミングスクールの方が向いているかもしれません。


もちろん挫折しないように、LINE@による質問対応が付いているので、プログラミングを身に付ける上では全く問題なし。



僕がまた独学時代に戻ったとしたら、コスパの良さからスキルハックスを選ぶと思います。

独学ではなくプログラミングスクールから就職する3つのメリット

独学ではなくプログラミングスクールから就職する3つのメリット

プログラミングスクールに通う3つのメリットを紹介します。

① 無駄な時間を節約できる

プログラミングスクールは一見高価に見えますが、実際はかなりコスパ良いです。



理由は、独学だとスクールの何倍もの時間がかかるからです。



僕自身、未経験から独学で勉強して、現在プログラマーをやっています。
でも、正直言って独学はかなり苦労しました。



プログラミングスクールに通えば良かったって後悔もあるし、プログラマーに転職を志望する友人にもスクールに通うことを進めています。

僕は、1年半くらい独学したんだけど、スクールに通えば半年もかからずに転職出来たかも。。。


単純に、プログラマーになるのが1年も遅れたのです。
スクールに通っていれば、今頃もっと経験年数も技術力も上がっていたはずです。



例えば、プログラミングスクールに50万円かけたとしても、2ヶ月くらいで回収できます。


独学で50万を出し惜しんだことで、転職が1年も遅れたため、かなりの損失でした。

②ライバルも未経験だし、未経験を採用できる企業が多い

プログラマーは「経験者のみ」っていう求人が結構多いんです。



反対に、プログラミングスクールから就職できる企業は「未経験OK」の会社が多いので、未経験者の転職には有利です。



しかも、一般的な転職サイトで転職しようとすると、ライバルは経験者が多いです。
独学でプログラミング学んだだけの人と、実務経験のある人だったら、後者の方が有利なのは間違いありませんよね。

プログラミングスクールからの転職は、ライバルもほとんどが未経験者



企業側も未経験の採用に慣れてることが多いため、プログラミングスクールからの就職は未経験者にとってはかなり良い選択と言えるでしょう。

③独学に比べて圧倒的に挫折しにくい

独学は、ほとんどの人が挫折します。



実際に、僕の友人でエンジニアがいました。

その友人の周りには僕も含めて12人のプログラミングを独学で勉強して転職しようとしてる人がいたらしいです。



しかし、その中で実際に転職したのは僕ともう1人だけで、他の10人は全員挫折したらしいのです。



つまり独学でプログラミングを勉強していた12人中10人が挫折したということになりますね。



他にも僕の周りで、独学で転職を考えていた人は全員挫折しています。

反対に、スクールに通っていた友人も何人かいますが、今は全員エンジニアになっています。



そのくらいスクールと独学では挫折率に差があるのです!

やっぱり独学って挫折する人が多いんだね〜。

プログラミングスクールに通うとホントに就職できるのか

プログラミングスクールに通うとホントに就職できるのか

結論から言うと、プログラミングスクールに通うとほぼ就職できます



理由は、就職保証や就職支援付のプログラミングスクールがたくさんあるからです。



プログラミングを学べて、転職のサポートまでしてくれるって最高ですよね。
例えば、プログラミングスクールのテックアカデミーDMM WEBCAMPなどは、転職保証もついています。



実際に転職できるのか不安になるかもしれませんが、プログラマーはそもそも人材が不足している時代です。


普通に考えて、プログラミングができる人は求められているのです。



なので、繰り返しになりますが、プログラミングスクールに通うとほぼ転職できます。

プログラミングスクールの唯一のデメリット

プログラミングスクールの唯一のデメリット

プログラミングスクールのたった1つのデメリットは、「価格」ですよね。



後々プログラマーになれば回収できるというのを頭では分かっていても、今お金が出ないことにはどうしようもありません。


しかし諦めるにはまだ早いです。

今は、厚生労働省、経済産業省から認定されているスクールは、条件を満たすことで支払った教育訓練経費の最大70%が教育訓練給付金として支給されます。(支給限度額:560,000円)


例えば、DMM WEBCAMPとかはその対象です。


「それでもプログラミングスクールにかけるお金がない。でもプログラマーになりたい。」という人には、無料のプログラミングスクールもあります。



有料のスクールほどのコンテンツではないかもしれませんが、プログラマーになることは十分に可能。以下の記事にまとめました。

【まとめ】迷う時間はもったいないので行動しよう

実際に未経験からエンジニアに転職した私が、未経験者からの視点と現役エンジニアからの視点で解説しました。


それでもまだ迷う人もいるかもしれませんが、どれも無料体験や無料説明会があるものを紹介しました。なので、迷うくらいなら説明を聞いて比較検討してみましょう。



行動できずに時間が過ぎていくことが1番の失敗です。


ここで、転職に対して勇気が出ないみなさんのために、僕が転職活動を始めた時の状況を話させてください。

  • 妻子持ち
  • 住宅ローン約3800万円
  • 奨学金(僕と妻の両方)もあり
  • パソコン苦手
  • 貯金なし
  • もちろんプログラミング未経験
  • 田舎住みでマイホームも買ったため引っ越せない
  • 通える範囲にあるプログラマー募集中の企業は5つくらい


こんな状況でした。
我ながらなかなか厳しくないですか?笑



何を言いたいかと言うと、厳しい状況でも諦めなければプログラマーに転職することは全然可能で、しかもプログラマーは稼ぎやすい職業なので、お金を稼ぎたいおすすめであるということです。



まずは行動しましょう。説明を受けるだけでも戸惑う人がいる中で、行動できればそれだけでも素晴らしいこと。



ぜひスキルをつけて場所と時間に縛られない人生を手に入れましょう。

あなたの強みを無料診断
関連記事